• ENGLISH
  • CHINESE
  • 採用情報
  • お問い合わせ
menu
  • HOMEHOME
  • 商品情報商品情報
  • 知る・楽しむ知る・楽しむ
  • 食品・バイオ食品・バイオ
  • オンラインショップオンラインショップ
  • 企業情報企業情報
  • 採用特設ページへ採用特設ページへ
  • ENGLISHCHINESE

Labiase(細菌細胞壁溶解酵素)

Streptomyces fulvissimus TU-6株の培養液上清より調製され、β-N-アセチル-D-グルコサミニダーゼ、ムラミダーゼを主体とする複合酵素剤です。
乳酸菌、火落菌をはじめとする細菌類の溶菌に適しています。

製品名 販売先 販売先コードNo. 容量 希望価格
Labiase コスモ・バイオ株式会社 OZ-30EX 500 mg 25,000円
特長 安定な酵素剤であり、保存性に優れています。単独で乳酸菌のプロトプラストが調製できます。
形状 凍結乾燥粉末(賦形剤として乳糖を含んでいます)
保存 4℃、乾燥状態
起源 Streptomyces fulvissimus TU-6株
規格 β-N-アセチル-D-グルコサミニダーゼ活性 5U/バイアル 以上
諸性質 Lactobacillus brevis IFO3345を基質とした溶菌活性※1にて温度およびpHの影響を評価した。
図1 温度―活性、安定性曲線図2 pH―活性、安定性曲線
図1
安定性:
pH※2を6.4に調製し各温度にて1時間保存したLabiaseを用いて、37℃で1時間溶菌反応を行った際の溶菌率にて評価した。
活性:
pH※2を6.4に調製し各温度で10分間溶菌反応を行った際の溶菌率にて評価した。
図2
安定性:
各pH※2に調製し25℃で20時間保存したLabiaseを用いて、37℃で30分間溶菌反応を行った際の溶菌率にて評価した。
活性:
各pH※2にて37℃で30分間溶菌反応を行った際の溶菌率にて評価した。
  • ※1溶菌活性の定義
    基質懸濁液の濁度(OD660)の減少を溶菌率として測定した。
  • ※2使用緩衝液:
    McIlvaine緩衝液 pH 3~8
    ほう酸ー水酸化ナトリウム緩衝液 pH 8~9

応用

乳酸菌菌体内有用物質(各種DNA、酵素、抗菌物質等)の抽出ができます。 乳酸菌をはじめとする細菌の細胞壁の構造解析にも利用できます。

文献

  • 長谷川和哉、大淵和彦、浜地正昭、熊谷知栄子:公開特許公報,平11-056348.
  • 長谷川和哉、大淵和彦、尾関健二、浜地正昭、熊谷知栄子
    公開特許公報,2002-261.
  • Ohbuchi, K., Hasegawa, K., Hamachi, M., Ozeki, K., and Kumagai, C.(2001)
    J. Biosci. Bioeng. 91, 487.

よくある質問

乳酸菌溶菌時の酵素の使用量はどれくらいでしょうか?
菌株の種類や菌の培養条件及び生育状態にもよりますが、通常は反応液量に対して0.5~1.0%程度です。
また使用量は用途等に応じて適宜調節して下さい。
DNAを調製する際の留意する点は?
LabiaseはDNase活性を若干有するため、DNA抽出には5 mMのEDTAを含むバッファーを用いて下さい。