• ENGLISH
  • CHINESE
  • 採用情報
  • お問い合わせ
menu
  • HOMEHOME
  • 商品情報商品情報
  • 知る・楽しむ知る・楽しむ
  • 食品・バイオ食品・バイオ
  • オンラインショップオンラインショップ
  • 企業情報企業情報
  • 採用特設ページへ採用特設ページへ
  • ENGLISHCHINESE
HOME > 研究・開発 > 学術発表・受賞

論文・書籍

過去の研究発表や受賞暦をこちらで紹介致します。

青字は社外共同研究者です。

2019

Development of Brewed Beverage Search System and Program
Yoichiro Kanno, Takeshi Onodera, Toyoaki Kamiya, Kiyoshi Toko
Sensors and Materials
31(7) : 2405-2413

2018

醸造酒検索装置及びプログラムの開発
菅野洋一朗, 神谷豊明, 小野寺武, 都甲潔
日本味と匂学会誌
20(3) : S25-S28
エチル‐α‐D‐グルコシド高含有酒類の開発とその保湿機能
坊垣隆之, 尾関健二
日本醸造協会誌
113(6) : 336-345
Visualization of Flavor of Sake by Sensory Evaluation and Statistical Method
Yoichiro Kanno, Toshitaka Minetoki, Takayuki Bogaki, Kiyoshi Toko
Sensors and Materials
30 : 1197-1206

2017

微生物発現系の最前線~現状と課題 麹菌によるタンパク質大量生産システムの開発
坪井宏和, 幸田明生, 峰時俊貴, 坊垣隆之
生物工学会誌
95(11) : 659-661
特集によせて(微生物発現系の最前線~現状と課題)
幸田明生, 橋本義輝
生物工学会誌
95(11) : 640
官能評価と統計手法を用いた日本酒の味わいの見える化
菅野洋一朗, 峰時俊貴, 坊垣隆之
おいしさの科学とビジネス展開の最前線(シーエムシー出版)
404-409
遺伝子組換えカイコによるタンパク質受託発現サービス
山田浩之, 畑健介
アグリバイオ
1(6) : 714-715
Effects of ethyl-α-D-glucoside on human dermal fibroblasts
Takayuki Bogaki, Keiichi Mitani, Yuki Oura, Kenji Ozeki
Biosci. Biotechnol. Biochem.
81 : 1706-1711
疲労動物モデルに対する酒粕および酒粕発酵エキス類の抗炎症作用
大和正典, 久米慧嗣, 田村泰久, 江口麻美, 高田孔美, 坊垣隆之, 片岡洋祐
日本疲労学会誌
13(1) : 75

2016

非公開のオープンイノベーションとは
広常正人
生物工学会誌
94(11) : 681
保湿機能を有するエチルα‐D‐グルコシド高含有酒粕再発酵酒の製造
坊垣隆之, 尾関健二
生物工学会誌
94(10) : 594-600
麹菌によるタンパク質大量生産システムの開発
幸田 明生,坪井 宏和,峰時 俊貴,坊垣 隆之
蛋白質科学会アーカイブ
9 : e084
Identification of a novel Penicillium chrysogenum rhamnogalacturonanrhamnohydrolase and the first report of a rhamnogalacturonanrhamnohydrolase gene
Shotaro Matsumoto, Hiroyuki Yamada, Yuika Kunishige, Shigeo Takenaka, Masami Nakazawa, Mitsuhiro Ueda, Tatsuji Sakamoto
Enzyme and Microbial Technology
98 : 76-85
原料米の違いが発酵法によるエチル‐α‐D‐グルコシドの生成効率に与える影響
坊垣隆之, 相良純一, 尾関健二
食品・臨床栄養(Web)
e2016 : 13-20
酒蔵発 機能性素材の開発とバイオ事業
幸田明生, 坊垣隆之
化学と教育
64(11) : 556-559

2015

保湿に関する新たな技術開発と素材 保湿効果に関与するα-エチルグルコシド素材の新規機能性
広常正人
フレグランスジャーナル
43(10) : 57-61
カビの生産するラムノガラクチュロナンラムノハイドロラーゼ(RGRH)のクローニングおよび機能解析
松本翔太郎, 山田浩之, 中澤昌美, 上田光宏, 阪本龍司
応用糖質科学
5(3) : 52
Transglycosilation activity of Aspergillus oryzae-derived α-glucosidase.
E Nagayoshi, K Ozeki, M Hata, T Minetoki, Y Takii
J. Biol. Macromol.
15(1) : 13-27
麹菌によるアクリルアミドフリーコーヒーの技術開発
尾関健二, 坊垣隆之, 坪井宏和, 岩井和也, 中桐理
発酵・醸造食品の最前線(シーエムシー出版)
206-217
α‐エチル‐D‐グルコシド高含有清酒の製造法の開発とその保湿効果
坊垣隆之, 相良純一, 尾関健二
食品・臨床栄養(Web)
e2015 : 10-16

2014

続・生物工学基礎講座 バイオよもやま話 変わり行く日本酒
広常正人
生物工学会誌
92(4) : 184-187
日本酒濃縮物の経口摂取による皮膚性状の変化
山下祐司, 山崎舞, 滝澤毅, 辻野義雄, 広常正人, 田上八朗, 坂本一民
千葉科学大学紀要
7 : 97-104
酒粕の機能特性とそれを活かした商品開発
峰時俊貴
日本醸造協会誌
109(1) : 11-20

2013

Production of biodiesel from plant oil hydrolysates using an Aspergillus oryzae whole-cell biocatalyst highly expressing Candida antarctica lipase B.
Adachi Daisuke, Hama Shinji, Nakashima Kazunori, Bogaki Takayuki, Ogino Chiaki, Kondo Akihiko
Bioresource Technology
135 : 410-416
醗酵技術の製品化:酒造会社での研究30年を振返る
広常正人
日本醸造協会誌
108(4) : 221-228
おいしさの定義
菅野洋一朗
生物工学会誌
91(4) : 213
麹と醸造のパワーを生かす 酵素処理酒粕調味料の特性と活用
峰時俊貴
月刊フードケミカル
29(1) : 39-46

2012

麹菌アミラーゼ遺伝子のプロモーター解析とその応用
峰時俊貴, 幸田明生, 坊垣隆之
改訂版 分子麹菌学(日本醸造協会)
80-90
酒粕から生まれた機能性新素材「プロファイバー」
峰時俊貴
月刊食品工場長
16(6) : 36-37

2011

酒粕レジスタントプロテイン
渡辺敏郎, 広常正人
発酵・醸造食品の最新技術と機能性 II(シーエムシー出版)
200-209
甘酒の栄養素と機能性
広常正人
発酵・醸造食品の最新技術と機能性 II(シーエムシー出版)
210-213
麴菌タンパク質高発現システムを用いた有用タンパク質の生産
幸田明生, 坊垣隆之
発酵・醸造食品の最新技術と機能性 II(シーエムシー出版)
257-266
麹菌タンパク発現システムによるリパーゼの高生産
和田純平, 広常正人
日本醸造協会誌
106(6) : 336-341
Highly efficient biodiesel production by a whole-cell biocatalyst employing a system with high lipase expression in Aspergillus oryzae.
Takaya Tomohiro, Koda Risa, Adachi Daisuke, Nakashima Kazunori, Wada Junpei, Bogaki Takayuki, Ogino Chiaki, Kondo Akihiko
Appl Microbiol Biotechnol
90(3) : 1171-1177

2009

酒粕を原料とした難消化成分の製造とその性質
湯川雅之, 伊藤大輔, 峰時俊貴, 渡辺敏郎, 広常正人
日本醸造協会誌
104(12) : 963-968

2008

マウスの慢性アルコール性肝障害モデルにおける清酒濃縮物, α-エチルグルコシド投与の影響
伊豆英恵, 樋詰和久, 後藤邦康, 広常正人
日本醸造協会誌
103(8) : 646-652
日本酒の醸造におけるα-エチルグルコシドの生成とその機能
広常正人
微生物によるものづくり(シーエムシー出版)
54-59

2007

二段発酵法で生まれたメタボリックシンドローム対応の新素材「酒粕難消化成分」
渡辺敏郎, 峰時俊貴, 友竹浩之, 加藤範久
FOOD Style21
11(12) : 51-54

2006

人と酵母と悪玉アミノ酸
坊垣隆之
生物工学会誌
84(11) : p457
日本酒に含まれる「エチルα-D-グルコシド」の機能性
広常正人
発酵・醸造食品の最新技術と機能性(シーエムシー出版)
276-282
5' Untranslated region of the Hsp12 gene contributes to efficient translation in Aspergillus oryzae.
A Koda, T Bogaki, T Minetoki, M Hirotsune
Appl Microbiol Biotechnol
70(3) : 333-336

2005

Genome sequencing and analysis of Aspergillus oryzae
Machida M, Asai K, Sano M, Tanaka T, Kumagai T, Terai G, Kusumoto K, Arima T, Akita O, Kashiwagi Y, Abe K, Gomi K, Horiuchi H, Kitamoto K, Kobayashi T, Takeuchi M, Denning DW, Galagan JE, Nierman WC, Yu J, Archer DB, Bennett JW, Bhatnagar D, Cleveland TE, Fedorova ND, Gotoh O, Horikawa H, Hosoyama A, Ichinomiya M, Igarashi R, Iwashita K, Juvvadi PR, Kato M, Kato Y, Kin T, Kokubun A, Maeda H, Maeyama N, Maruyama J, Nagasaki H, Nakajima T, Oda K, Okada K, Paulsen I, Sakamoto K, Sawano T, Takahashi M, Takase K, Terabayashi Y, Wortman JR, Yamada O, Yamagata Y, Anazawa H, Hata Y, Koide Y, Komori T, Koyama Y, Minetoki T, Suharnan S, Tanaka A, Isono K, Kuhara S, Ogasawara N, Kikuchi H
Nature
438 : 1157-1161
米の食味と機能性および食品素材化技術 II 赤糠からの機能性素材製造技術の開発
湯川雅之, 尾関健二
食品工業
48(24) : 66-71
High expression of a synthetic gene encoding potato alpha-glucan phosphorylase in Aspergillus niger.
A Koda, T Bogaki, T Minetoki, M Hirotsune
J. Biosci. Bioeng.
100(5) : 531-537
転写後過程の改良による異種タンパク質生産の効率化
幸田明生, 徳岡昌文, 五味勝也
バイオサイエンスとインダストリー
63(8) : 543-546
麹菌のポストゲノム研究最前線 麹菌によるタンパク質大量生産システムの開発
幸田明生, 峰時俊貴
生物工学会誌
83(6) : 295-297
”つわり香”を抑える酵母育種
坪井宏和
生物工学会誌
83(5) : 247
Expression of the Fusarium oxysporum lactonase gene in Aspergillus oryzae: molecular properties of the recombinant enzyme and its application.
K Honda, H Tsuboi, T Minetoki, H Nose, K Sakamoto, M Kataokao, S Shimizu
Appl. Microbiol. Biotechnol.
66(5) : 520-526
Improvement of enolase promoter (P-enoA) by introduction of cis-element (region III) in Aspergillus oryzae
H Tsuboi, A Koda, T Toda, T Minetoki, M Hirotsune, M Machida
Biosci. Biotechnol. Biochem.
69(1) : 206-208

2004

Translation efficiency mediated by the 5' untranslated region greatly affects protein production in Aspergillus oryzae.
A Koda, T Minetoki, K Ozeki, M Hirotsune
Appl. Microbiol. Biotechnol.
66(3) : 291-296
清酒中に含まれるα-エチルグルコシドの新たな機能性
広常正人
日本醸造協会誌
99(12) : 836-841
2-デオキシグルコース耐性変異株から分離したグルコース脱抑制株のピルビン酸透過系遺伝子(JEN1)の解析と清酒醸造への応用
坪井宏和, 脇坂靖, 広常正人, 赤尾健, 山田修, 秋田修
日本農芸化学会誌
78(10) : 994-995
低アルコール清酒の開発
広常正人
温古知新
41 : 58-62
見えてきたmRNAの多彩な役割‐物質生産のための転写後制御‐
幸田明生
生物工学会誌
82(2) : 69

2003

Development of high expression system with the improved promoter using the cis-acting element in Aspergillus species.
Minetoki T, Tsuboi H, Koda A, Ozeki K
J. Biol. Macromol.
3(3) : 89-96
清酒用麹菌アミラーゼ遺伝子のプロモーター解析
峰時俊貴, 北本勝ひこ
分子麹菌学(日本醸造協会)
41-49
Analysis of the Pyruvate Permease Gene (JEN1) in Glucose Derepression Yeast (Saccharomyces cerevisiae) Isolated from a 2-Deoxyglucose-tolerant Mutant, and Its Application to Sake Making
H Tsuboi, Y Wakisaka, M Hirotsune, T Akao, O Yamada, O Akita
Biosci. Biotechnol. Biochem.
67(4) : 765-771

2002

カビ編(IIバイオ技術)第2章タンパク質生産
峰時俊貴
キノコとカビの基礎科学とバイオ技術 (アイピーシー)
529-538
Cloning, nucleotide sequencing, and expression of the β-galactosidase-encoding gene (lacA) from Aspergillus oryzae.
Yoshiyuki Ito, Takashi Sasaki, Katsuhiko Kitamoto, Chieko Kumagai, Kohjiro Takahashi, Katsuya Gomi, Gakuzo Tamura
J. Gen. Appl. Microbiol.
48(3) : 135-142
酵素法を用いた清酒の連続的清澄化
関文範, 大淵和彦, 広常正人, 浜地正昭, 熊谷知栄子
日本醸造協会誌
97(1) : 81-86

2001

Deletion analysis of the enolase gene (enoA) promoter from the filamentous fungus Aspegillus oryzae.
Tomomi Toda, Motoaki Sano, Munechika Honda, Omar Rimoldi, Yong Yang, Midori Yamamoto, Kumiko Takase, Katsuro Hirozumi, Katsuhiko Kitamoto, Toshitaka Minetoki, Katsuya Gomi, Masayuki Machida
Curr. Genet.
40(4) : 260-267
Isolation of a New Lytic Enzyme for Hiochi Bacteria and Other Lactic Acid Bacteria.
大淵和彦, 長谷川和哉, 浜地正昭, 尾関健二,熊谷知栄子
J. Biosci. Bioeng.
91(5) : 487-492
酵母における酢酸エステル生成制御機構の解明
善本裕之, 藤原大介, 坊垣隆之, 長澤直, 藤井敏雄
生物工学会誌
79(2) : 33-40

2000

真核微生物の遺伝子発現系 Aspergillus属の異種遺伝子発現系
峰時俊貴
化学と生物
38(12) : 831-838
Rapid Detection of Homologously Integrated DNA Fragments and Accurate Quantitation of Their Copy Number in Transgenic Aspergillus oryzae by PCR.
M Honda, T Minetoki, K Gomi, M Machida
J. Biosci. Bioeng.
90(5) : 577-579
清酒用麹菌アミラーゼ遺伝子のプロモーター解析
峰時俊貴, 北本勝ひこ
日本醸造協会誌
95(8) : 560-568
Molecular Cloning and Characterization of a Transcriptional Activator Gene, amyR, Involved in the Amylolytic Gene Expression in Aspergillus oryzae.
K Gomi, T Akeno, T Minetoki, K Ozeki, C Kumagai, N Okazaki, Y Iimura
Biosci. Biotechnol. Biochem.
64(4) : 816-827

1999

有用酵素を数千倍作る黒麹菌類の育種法
尾関健二, 峰時俊貴
バイオサイエンスとインダストリー
57(6) : 397-398
Molecular and enzymic properties of recombinant 1,2-α-mannosidase from Aspergillus saitoi overexpressed in Aspergillus oryzae cells.
E Ichishima, N Taya, M Ikeguchi, Y Chiba, M Nakamura, C Kawabata, T Inoue, K Takahashi, T Minetoki, K Ozeki, C Kumagai, K Gomi, T Yoshida, T Nakajima
Biochem. J.
339(3) : 589-597
Streptomyces rochei DB-34が生産する細胞壁溶解酵素による各種酵母のプロトプラスト形成と再生
大淵和彦, 西晶子, 浜地正昭, 熊谷知栄子
生物工学会誌
77(4) : 137-146
Isolation and Characterization of the ATF2 Gene Encoding Alcohol Acetyltransferase II in the Bottom Fermenting Yeast Saccharomyces pastorianus.
H Yoshimoto, D Fujiwara, T Momma, K Tanaka, H Sone, N Nagasawa, Y Tamai
Yeast
15(5) : 409-417
Phaffia細胞壁溶解酵素生産菌Streptomyces rochei PHA-34株の構成的生産変異株の取得とその生産酵素を用いたアスタキサンチンの抽出
西晶子, 大淵和彦, 浜地正昭, 熊谷知栄子
生物工学会誌
77(2) : 60-65

1998

Cloning and Nucleotide Sequence of the Alcohol Acetyltransferase II Gene (ATF2) from Saccharomyces cerevisiae Kyokai No. 7.
N Nagasawa, T Bogaki, A Iwamatsu, M Hamachi, C Kumagai
Biosci. Biotechnol. Biochem.
62(10) : 1852-1857
Purification and Characterization of a Feruloylesterase from Aspergillus awamori.
T Koseki, S Furuse, K Iwano, H Matsuzawa
Biosci. Biotechnol. Biochem.
62(10) : 2032-2034
Improvement of promoter activity by the introduction of multiple copies of the conserved region III sequence, involved in the efficient expression of Aspergillus oryzae amylase-encoding genes.
T Minetoki, C Kumagai, K Gomi, K Kitamoto, K Takahashi
Appl. Microbiol. Biotechnol.
50(4) : 459-467
Bacillus licheniformis由来耐熱性α-アミラーゼを生産する麹菌の育種と液化仕込への利用
尾関健二, 幸田明生, 峰時俊貴, 浜地正昭, 熊谷知栄子
生物工学会誌
76(7) : 301-307
麹菌(Aspergillus oryzae)の高形質転換法の開発
尾関健二, 永益陽子, 幸田明生, 峰時俊貴, 大淵和彦, 浜地正昭, 熊谷知栄子
生物工学会誌
76(5) : 187-193
麹菌遺伝子プロモーターの解析と形質転換法に関する研究
尾関健二
灘酒研究会会報
-
バイオリアクターによる清酒の連続醸造
広常正人
灘酒研究会会報
-

1997

保存配列(Region III)を利用した改良プロモーターによる糸状菌の高発現システムの開発
峰時俊貴
バイオインダストリー
14(11) : 30-39
麹菌(A.oryzae)の分子生物学的解析の最近の進展 清酒醸造における麹の働きと遺伝子解析
峰時俊貴, 北本勝ひこ
日本農芸化学会誌
71(10) : 1018-1023
An Aspergillus awamori acetylesterase: Purification of the enzyme, and cloning and sequencing of the gene.
T Koseki, S Furuse, K Iwano, H Sakai, H Matsuzawa
Biochem. J.
326(2) : 485-490
赤色酵母Phaffia rhodozyma細胞壁に対する溶解酵素のスクリーニングとアスタキサンチンの抽出
吉田光方子, 西晶子, 大淵和彦, 北条知子, 松沢昭仁, 浜地正昭, 熊谷知栄子
生物工学会誌
75(4) : 229-238
Rapid and Sensitive Detection of Hiochi Bacteria by Amplification of Hiochi Bacterial Common Antigen Gene by PCR Method and Characterization of the Antigen.
J Nakamura, D Ito, K Nagai, Y Umehara, M Hamachi, C Kumagai
J. Ferment. Bioeng.
83(2) : 161-167
清酒醸造における麹の働きと遺伝子解析
峰時俊貴, 北本勝ひこ
日本農芸化学会誌
71(10) : 1018-1023

1996

Deletion analysis of promoter elements of the Aspergillus oryzae agdA gene encoding α-glucosidase.
T Minetoki, Y Nunokawa, K Gomi, K Kitamoto, C Kumagai, G Tamura
Current. Genetics.
30(5) : 432-438
火落菌の迅速検出法
浜地正昭
バイオサイエンスとインダストリー
54(10) : 729-730
Nucleotide Sequences of Alcohol Acetyltransferase Genes from Lager Brewing Yeast, Saccharomyces carlsbergensis.
T Fujii, H Yoshimoto, N Nagasawa, T Bogaki, Y Tamai, M Hamachi
Yeast
12(6) : 593-598
プロフェッショナル&コンサルティングエンジニアとバイオテクノロジー 第9回 バイオプロセスと人工知能,人工生命の関わり
松浦一雄
バイオインダストリー
13(5) : 47-53
糸状菌細胞壁溶解酵素のスクリーニングと防かび剤としての可能性
北条知子, 大淵和彦, 浜地正昭
防菌防黴
24(4) : 263-268
Construction of a Promoter Probe Vector Autonomously Maintained in Aspergillus and Characterization of Promoter Regions Derived from A. niger and A. oryzae Genomes.
K Ozeki, A Kanda, M Hamachi, Y Nunokawa
Biosci. Biotechnol. Biochem.
60(3) : 383-389
特異的モノクローナル抗体による火落菌の免疫化学的分類と抗体の認識する細胞表層抗原の解析
中村甚七郎, 岩田(南)真由美, 浜地正昭
生物工学会誌
74(2) : 83-90
Alcohol Dehydrogenase I of Sake Yeast Saccharomyces cerevisiae Kyokai No.7.
K Ohbuchi, Y Ishikawa, A Kanda, M Hamachi, Y Nunokawa
J. Ferment. Bioeng.
81(2) : 125-132
麹菌によるビタミンCの生成と清酒への移行
永益陽子, 尾関健二, 神田晃敬, 浜地正昭, 熊谷知栄子, 布川弥太郎
生物工学会誌
74(1) : 1-6

1995

Characteristic Expression of Three Amylase-encoding Genes, agdA, amyB, and glaA in Aspergillus oryzae Transformants Containing Multiple Copies of the agdA Gene.
T Minetoki, K Gomi, K Kitamoto, C Kumagai, G Tamura
Biosci. Biotechnol. Biochem.
59(12) : 2251-2254
A Specific Method for the Detection of Hiochi Bacteria Using an Enzyme-linked Immunosorbent Assay System with Anti-hiochi Bacteria Monoclonal Antibodies.
Nakamura J, Minami M, Doi K, Hamachi M
Biosci. Biotechnol. Biochem.
59(11) : 2039-2043
バイオプロセスの計測と制御 (4) ニューラルネットワーク応用の将来性
松浦一雄
バイオサイエンスとインダストリー
53(11) : 956-959
Optimizing Control of Sensory Evaluation in the Sake Mashing Process by Decentralized Learning of Fuzzy Inferences Using a Genetic Algorithm.
K Matsuura, H Shiba, M Hirotsune, M Hamachi
J. Ferment. Bioeng.
80(3) : 251-258
Nucleotide Sequence and Expression of α-Glucosidase-encoding Gene (agdA) from Aspergillus oryzae.
T Minetoki, K Gomi, K Kitamoto, C Kumagai, G Tamura
Biosci. Biotechnol. Biochem.
59(8) : 1516-1521
A Method for the Re-isolation of an Autonomously Replicating Plasmid from Aspergillus Transformants.
K Ozeki, K Hizume, A Kanda, M Hamachi, Y Nunokawa
Biosci. Biotechnol. Biochem.
59(6) : 113-1134
New Separation Technique under Normal Temperature and Pressure Using an Ultrasonic Atomization.
K Matsuura, M Kobayashi, M Hirotsune, M Sato, H Sasaki, K Shimizu
化学工学シンポジウムシリーズ
46 : 44-49
酒の科学 清酒の中の吟醸酒
熊谷知栄子
生物の科学 遺伝
49(1) : 25-30
Modeling of the Sensory Evaluation of Sake by Dempster-Shafer's Measure and Genetic Algorithm.
K Matsuura, M Hirotsune, M Hamachi, Y Nunokawa
J. Ferment. Bioeng.
79(1) : 45-53
特集 バイオシステムにおける制御 清酒醸造における制御
松浦一雄
計測と制御
34(1) : 53-57

1994

Transformation of Intact Aspergillus niger by Electroporation.
K Ozeki, F Kyoya, K Hizume, A Kanda, M Hamachi, Y Nunokawa
Biosci. Biotechnol. Biochem.
58(12) : 2224-2227
発酵速度軌道制御による清酒発酵プロセスのオンライン制御
松浦一雄, 広常正人, 浜地正昭
生物工学会誌
72(6) : 453-460
Molecular Cloning, Sequence Analysis, and Expression of the Yeast Alcohol Acetyltransferase Gene.
T Fujii, N Nagasawa, A Iwamatsu, T Bogaki, Y Tamai, M Hamachi
Appl. Environ. Microbiol.
60(8) : 2786-2792
特集 バイオプロセス制御 清酒醸造における人工知能制御
松浦一雄
ケミカルエンジニヤリング
39(4) : 310-315
清酒酵母のアルコールデヒドロゲナーゼ(ADH)
大淵和彦, 石川有紀子, 神田晃敬, 浜地正昭, 布川弥太郎
日本農芸化学会誌
68(3) : 451
Acceleration of Cell Growth and Ester Formation by Ultrasonic Wave Irradiation.
K Matsuura, M Hirotsune, Y Nunokawa, M Sato, K Honda
J. Ferment. Bioeng.
77(1) : 36-40
バイオリアクターによる清酒の連続醸造法の開発
広常正人, 松浦一雄, 浜地正昭
生物工学会誌
72(1) : 21-31
超音波の酒類醸造への利用
松浦一雄
日本醸造協会誌
89(1) : 13-17

1993

The Purification, Properties and Internal Peptide Sequences of Alcohol Acetyltransferase Isolated from Saccharomyces cerevisiae Kyokai No. 7.
T Minetoki, T Bogaki, A Iwamatsu, T Fujii, M Hamachi
Biosci. Biotechnol. Biochem.
57(12) : 2094-2098
身近なバイオ商品 日本酒 醸造の新しいかたち
布川弥太郎
化学
48(10) : 669-671
清酒連続発酵のオンライン制御
松浦一雄
日本醸造協会誌
88(5) : 344-348
酵母の増殖に与える固形剤の添加効果
竹崎道代, 松浦一雄, 広常正人, 浜地正昭
日本醸造協会誌
88(4) : 319-325
グルタチオン含有清酒の製造方法
澤野泰治, 藤井史子, 神田晃敬, 浜地正昭
日本醸造協会誌
88(2) : 163-164

1992

市販酵素剤を利用した麹菌体量簡易測定法
藤井史子, 尾関健二, 神田晃敬, 浜地正昭, 布川弥太郎
日本醸造協会誌
87(10) : 757-759
Thermal Control Strategy for Isoamylacetate Formation in Sake Brewed with a Saccharified Rice Solution.
A Matsuura, M Hirotsune, M Hamachi, Y Nunokawa
J. Ferment. Bioeng.
74(2) : 112-116
エステル高生産性清酒酵母の分離
神田晃敬
清酒酵母の研究 '80年代の研究 (清酒酵母研究会)
124
グルタチオン含有酵母の開発
澤野泰治
清酒酵母の研究 '80年代の研究 (清酒酵母研究会)
128-133
AATFaseについて ATFaseの精製とその諸性質
峰時俊貴
清酒酵母の研究 '80年代の研究 (清酒酵母研究会)
140-145
バイオリアクターの利用
広常正人
清酒酵母の研究 '80年代の研究 (清酒酵母研究会)
175-181
清酒酵母のアルコールアセチルトランスフェラーゼについて
峰時俊貴
日本醸造協会誌
87(5) : 334-340
清酒の連続醸造に関する研究 (第5報) 多段水平流型バイオリアクターを用いた清酒の連続醸造
松浦一雄, 広常正人, 浜地正昭
醗酵工学会誌
70(1) : 17-23

1991

グルタチオン含有清酒の醸造におけるリン酸一カリウム添加の効果
藤井史子, 澤野泰治, 神田晃敬, 浜地正昭
醗酵工学会誌
69(4) : 233-236
グリセロール高生産酵母の育種と清酒の醸造
大淵和彦, 神田晃敬, 浜地正昭, 布川弥太郎
醗酵工学会誌
69(4) : 203-209
グルタチオン含有清酒の醸造
澤野泰治
日本醸造協会誌
86(3) : 177-181

1989

Molecular cloning and nucleotide sequence of the gramicidin S synthetase 1 gene.
K Hori, Y Yamamoto, T Minetoki, T Kurotsu, M Kanda, S Miura, K Okamura, J Furuyama, Y Saito
Journal of Biochemistry
106(4) : 639-645
酵母の香気生成に関する研究 V  合成糖液を用いたろ液発酵清酒における香気生成促進物質の効果
仲田冨士男, 浜地正昭, 本馬健光
醗酵工学会誌
67(5) : 411-417
酵母の香気生成に関する研究 IV  ろ液発酵清酒における香気生成促進物質の役割
仲田冨士男, 浜地正昭, 本馬健光
醗酵工学会誌
67(5) : 403-409
米麹の乾燥貯蔵について
尾関健二
日本醸造協会誌
84(7) : 447-452
各種抗生物質に対する火落菌の薬剤耐性について
大淵和彦, 東田優子, 神田晃敬, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会誌
84(4) : 270-272
無機塩添加による尿素の少ない清酒の醸造
神田晃敬, 三森智子, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会誌
84(2) : 114-117

1988

酵素剤仕込み及びもろみの発酵温度と尿素生成量について
矢野善嗣, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会誌
83(10) : 709-712
麹の酵素活性と製成酒の尿素生成量
尾関健二, 仲田冨士男, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会誌
83(9) : 610-613
乾燥麹の貯蔵に関する研究 III  貯蔵乾燥麹による実地醸造試験
尾関健二, 山本忠行, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会誌
83(7) : 496-500
乾燥麹の貯蔵に関する研究 I  貯蔵乾燥麹による清酒小仕込試験
尾関健二, 山本忠行, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会誌
83(2) : 131-135
乾燥麹の貯蔵 I  貯蔵中の品質変化
尾関健二, 山本忠行, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会誌
83(1) : 47-51
ろ液仕込における香気生成促進物質
仲田冨士男, 浜地正昭, 本馬健光
醗酵工学会誌
66(1) : 17-23
ろ液仕込酒の高香気成分含有の一原因
仲田冨士男, 浜地正昭, 本馬健光
醗酵工学会誌
66(1) : 11-15

1987

清酒の微量香気成分 吟醸酒の香り
布川弥太郎
科学と工業
61(6) : 227-234
ろ液仕込みにおける香気生成
仲田冨士男, 浜地正昭, 本馬健光
醗酵工学会誌
65(3) : 179-184
無菌充填包装の実際例 清酒の無菌包装技術
本馬健光, 神田晃敬
ジャパンフードサイエンス
26(7) : 70-80

1986

清酒の常温無菌充てんに関する研究 V  紙容器(BIB型)での無菌充てん
神田晃敬, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会雑誌
81(8) : 544-548
清酒の常温無菌充てんに関する研究 IV  びん容器での清酒の無菌充てん
神田晃敬, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会雑誌
81(7) : 481-484
無菌清酒製造方法の検討
神田晃敬, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会雑誌
81(4) : 259-264
酵素剤を用いた清酒醸造
布川弥太郎
微生物
2(1) : 2-8

1985

清酒の常温無菌充てんに関する研究 II  清酒充てん用資材の微生物調査及び殺菌方法の検討
神田晃敬, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会雑誌
80(12) : 875-878
清酒の常温無菌充てん I  清酒製品工場の環境調査及び環境殺菌剤の検討
神田晃敬, 浜地正昭, 本馬健光
日本醸造協会雑誌
80(11) :p812-817

1984

塩基含量と官能評価値の関係 I  清酒の品質と核酸関連物質
神田晃敬, 浜地正昭, 本馬健光
醗酵工学会誌
62(6) : 415-420

1983

グルコースメータによる清酒および清酒もろみのグルコースの微量定量法
梅原康夫, 来間健次, 髙森章作, 大沢久男
日本醸造協会雑誌
78(1) : 75-76