食 品・バイオ事業

「大関総合研究所」は、清酒醸造全般に関する研究開発はもとより、事業領域拡大のための技術的基盤を確立することを目的として、1980年に開設されました。以来、微生物学や生物化学、生物工学などをベースとして、経験と勘に頼っていた醸造技術を科学し、製品品質の向上、生産の効率化、新製品創出のための新技術開発を中心とした研究開発活動を続けております。
これまでに、新たな食品関連素材の開発や、独自の麹菌技術を駆使したタンパク質受託発現サービスの提供など、新規事業創出に貢献しています。
今後も、新しい価値の創造を加速させるため、若手研究員を大学や研究機関へ派遣し人材の育成を図ります。又、幅広いネットワークを構築し、積極的にオープンイノベーションを活用していきます。

システム図

ページトップへ