2017.04.06

パーカーポイント92点獲得記念シール付「超特撰 十段仕込 700ml瓶詰」発売

当社は、ワインの評価法として名高いパーカーポイント(※1)が世界で初めて日本酒に付与され、当社「超特撰 十段仕込」が、『格別の複雑さと個性がある、すばらしい日本酒』との評価で92点を獲得いたしました。今回パーカーポイント92点獲得記念シールを貼付けた商品を2017年4月下旬から販売開始いたします。

■ 超特撰 十段仕込 純米大吟醸酒 700ml瓶詰

通常 日本酒の仕込みは米と麹を3回に分けて仕込む三段仕込が一般的ですが、「十段仕込」は商品名の通り、酒造好適米の最高峰といわれる山田錦の持ち味を最大限に引き出すため10回もの仕込みを行い、通常の2倍以上の時間をかけて丹念に醸した純米大吟醸酒です。
商品開発までに2年の月日を費やし、伝統ある丹波杜氏の卓越した技術と技、今までにない新しい製法によって平成2年(1990年)に生み出された「十段仕込」。
その味わいは、上質で芳醇な香りと蜂蜜のようなトロッとした濃厚なコクと甘み。
まるで、大人の極上スイーツ貴腐ワインもを越える美味しさと確信しております。

商品の詳細はこちら

●パーカーポイントとは(※1)

世界で最も有名なワイン評論家と言われているロバート・M・パーカーJr.氏が生み出した100点満点で表すワインの評価法。独自の基準で、価格、生産者の評判などで左右されることのない客観的で解りやすい評価として支持されています。
次のような基準で評価され、全て最高点を獲得すれば100点が与えられます。

  • 総合的な色と外見
  • アロマ(原料ブドウの香り)とブーケ(熟成してできた香り)の強さと複雑さ、清潔さ
  • 風味と後味 味の強さと調和と清潔さ、後味の深さと長さ
  • 全体の質のレベル、若いワインの場合は将来の熟成と進歩の可能性
  • ワインでは、少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、その割合は世界中のワインの中でほんの1%にしか過ぎず、非常に貴重な商品と言われています。
    (eRobertParker Online Japan より引用)
ページトップへ