楽しい暮らしの大関

純米酒、ふだん飲み。

日本酒を日常の中でもっと楽しみたい。そんな人がいま、確実に増えています。お薦めしたいのは「純米酒」。
ピュアな日本酒をリラックスして楽しむ、「ふだん飲み」に注目しました。

写真:岡村昌宏(CROSSOVER)、平岩 享 スタイリング&フードコーディネート:廣松真理子 スタイリング:小林 新(UM) ヘア&メイク:INOMATA(&’s management) 文:高野智宏、小久保敦郎、小松めぐみ  ※Pen10/15号にて同時掲載中

純米酒、ふだん飲み。

突き詰めると奥深い日本酒の世界において、米と米麹と水だけでつくられている純米酒は、最もピュアに「香り」と「旨味」を実感できるもの。純粋な酒だからこそ、蘊蓄を語らず、肩肘張らず、日常の中で解放的な気分を楽しめるのがいいのです。コクのある純米酒の濃厚な香りと味わいが、リラックスした自分らしい時間や空間にあふれ、満たされていくことを想像してみてください。その時、あなたは気がつくはずです。純米酒は、ふだん飲みしてこそおいしいと。