• ▶大関のCM
  • ▶酒文化
    • ▶味わいマッピング
    • ▶酒造り唄
    • ▶今津灯台物語
    • ▶お酒の雑学
    • ▶冠婚葬祭豆知識
    • ▶酒粕のチカラ
    • ▶甘酒ってカラダにうれしい!
    • ▶おいしい燗酒のコツ
  • ▶大関のレシピ

冠婚葬祭豆知識

 |  基本知識 |  御礼 |  御祝 |  粗品 |  御祝儀 |  御供 | 

冠婚葬祭、さまざまなおつきあいの中でひとつの文化がうまれました。「熨斗のし」と呼ばれる表書きの世界が、それです。なにげなく使っている「のし袋」の表書きにもきちんとした作法があります。基本を学び、ちょっと迷ったときの手助けに、豆知識を作ってみました。冠婚葬祭の際に、ちょっとご確認ください。

■基本知識

熨 斗

熨斗は、「のしあわび(打ち延ばし乾燥させた鮑)」を表わしたものです。古来より、儀式の肴と して供されていたもので、武家の出陣や凱旋の祝儀に使われました。「引き続き延ばす」意味から「延長悠久」を表わすものとして、祝儀の贈答品に添えられるようになりました。

の し

袋の右肩にある菱形のものが「のし」。のしあわびをかたどったものとなっています。そこには「長く続く」という 意味がこめられています。

水 引

もともとは紅の麻緒で進物を結び、結界を示して用いていたものが、後世に水引となりました。進物を受け取った者が水引を解けるのであって、他の人が むやみに水引を解くものでないという意味が込められてい ます。日本の習慣ですから、キリスト教など外国の他の宗教には使用しません。何度あっても良いお祝いごとでは「蝶結び」、二度とあっ てはならないもの(結婚、葬儀、病気の見舞い)などは 「結び切り」にします。災害や火事のお見舞いには、水引をつけません。

表書き

のしを持っていく目的を水引の上部に書くことです。表書きは、「誰が、誰に、」持っていくかで違ってきます。持っていくときの状況をよく把握し、間違いの無いようにしましょう。また、表書きには地域や習慣のちがいがあります。注意して記入しましょう。

■御礼

御 礼

持っていく人の「お礼の気持ち」を表わすのに幅広く使える表書きです。喜びごとには紅白蝶結び。僧侶、神官へのお礼は、水引を 付けないのが本来でしたが、現在は、既成の水引が多くなりましたので、つけたまま使うのも多くなりました。

寸 志

目下の人へのちょっとしたお礼のときに…。(紅白蝶結び)

松の葉/寸志

ささやかな金品を送るときに使います。ぽち袋や、水引をつけない縁だけ赤い金包みなどを使います。(紅白金封)

■御祝

御 祝

お祝いの気持ちをあらわすのに全般的に使います。何度繰り返されても良いものは「紅白蝶結び」。結婚のお祝いは、紅白結びきりで「御祝」でも良いのですが、「寿」も良く使われます。「御出産御祝」など、何のお祝いかを書くとより丁寧ですが、無理に書く必要はありません。

■粗品

粗 品

贈答品を謙遜して言うことばです。品物を差し上げるとき、広範囲に使用できます。水引は目的に合わせて、紅白蝶結び、黒白などを使い分けます。

紅白蝶結び
結婚以外であれば「内祝」と同じ意味で使えます。手土産、差し入れ、ご挨拶回りなどにも使えます。

黒白結びきり
葬儀のお返しに「志」と同じ意味で使えます。

■御祝儀

御祝儀

お世話になる人への「心づけ」に良く使います。結婚に関することは「紅白結びきり」、それ以外は「紅白蝶結び」を使います。家を建てるときの建築関係の方々、舞台の裏方さん、結婚の荷物入れの業者さん、新規開店のときのお店の従業員へ、 さまざまなお祝い事でお世話になる人全般に使えます。

■御供

御 供

宗教関係の行事で品物を持参するときに幅広く使えます。神社、お寺、仏壇、お墓にお参りするときなどに、宗教・ 宗派を問わず使えます。水引は法要の意味であれば、黄白を使うことが多いのですが、明らかにお祝いの意味合いの行事に持参するときは、紅白も使います。

御供料/御供物料

御供えの意味でお金を持っていくときには、「御供料」が幅広く使えます。御供えを持参する代りにお金を持ってきましたという意味です。

ページトップへ