• ▶大関のCM
  • ▶酒文化
    • ▶味わいマッピング
    • ▶酒造り唄
    • ▶今津灯台物語
    • ▶お酒の雑学
    • ▶冠婚葬祭豆知識
    • ▶酒粕のチカラ
    • ▶甘酒ってカラダにうれしい!
    • ▶おいしい燗酒のコツ
  • ▶大関のレシピ
  • 大関 今津灯台スペシャルサイト

酒造り唄

今津灯台の起こり

樽廻船(写真)

甲子園にほど近いヨットハーバーとしてにぎわう今津港に、ひっそりと小さな木造の灯台が建っています。瀬戸内海から大阪湾へは、古くは遣唐使、近世では北廻り・南廻りの菱垣廻船、そしていまも漁船や九州へ向けてのフェリーなどが頻繁に運行しています。その海の安全を守るため、1810年(文化7年)、大関酒造の長部家5代目長兵衛が、私費を投じて今津港頭に建設したのが始まりです。ご承知のとおり古くから、西宮は室町時代の書物にも名を留める「灘の酒」の産地です。西・御影・魚崎・西宮に今津を加えて「灘五郷」と呼ばれてきました。宮水と播州の酒造米に杜氏の技が加わって、銘酒の誉れ高い「灘の生一本」が生まれます。

(写真)

江戸時代のはじめには、米や木綿、油、酒、醤油、紙など生活必需品のすべてが、上方から江戸へ船に載せられて下っていきました。そして「下る」に足りないもの「くだらない」となったのです。大坂から江戸へ運ばれるさまざまな物資の中でも酒は、「下り酒」といって重要な商品でした。その後、酒だけを単独で積む「樽廻船」が誕生していきます。西宮には樽廻船問屋が6軒あり、今津港からも多くの船が出航していきました。長部家でも「住徳丸」「大栄丸」「松栄丸」などといった数隻の樽廻船を所有し、自醸の清酒「万両」を江戸へ運んでいました。 「万両」は、1884年(明治17年)に「大関」にかわるまでの長部家の清酒の商標でした。 1866年(慶応2年)には江戸・大坂間に蒸気船も航行されるようになりましたが、今津灯台はかわることなく静かに灯をともし続け、海の安全を守ってきました。

灯台の再建

安政5年6月4日に大坂谷町奉行所に願い出て、同10月27日に建設許可を受けたことを示す立札(写真)

設立から48年後の1858年(安政5年)航海船の一層の安全を図り、長部家6代目文次郎が灯台を再建しました。その灯台の台石には「象頭山常夜燈」の文字が刻まれています。これは四国琴平の象頭山中腹にある海上交通の守り神、金刀比羅宮に奉納された灯明台ということで、地元の人々からは「灯篭」の愛称で親しまれました。 今津灯台は、創建以来、毎夕欠かすことなく、丁稚さんが油2合をたずさえて点灯に行くのが習わしでした。劇作家で有名な故食満南北氏(明治13年生まれ、昭和32年没)もその一人であり、氏は当時の思い出をある雑誌に残されています。雨の日も、風の日も、冬の厳寒期も灯をともし続けた丁稚さんたちの働きによって、多くの船の安全を守る使命が果たされてきたのです。

明治以降の今津灯台

今津灯台(写真)

このように今津灯台は、民営であるにもかかわらず、その建設と永年の維持管理によって公衆の利益に貢献してきました。そのことが認められ、1884年(明治17年)2月21日には7代目長部文治郎に藍綬褒章と銀盃が贈られました。また、前述のように全国市場への進出をめざして商標が「大関」に改められたのもこの年のことでした。時代が大正に変わると灯台も電化の波に洗われ、その光りを一段と増すことになりました。昭和に入ると、関西は1934年(昭和9年)の室戸台風、1950 年(同25年)のジェーン台風、1964 年(同39年)の台風20号と数々の台風にみまわれました。今津港も2度にわたって防潮堤が作られ、港の様相もすっかり変わってしまいました。灯台も防潮堤の外側に孤立する形になりましたが、変貌する港にあって、唯一、昔の面影を留める西宮一帯のシンボルとして市民に親しまれています。さらに長く世に役立つことを願って、1965年(昭和40年)、107年ぶりに解体復元されました。

丹波杜氏の酒造り唄

日本の洋式灯台点灯100年の記念年にあたる1968年(昭和43年)には、航路標識として海上保安庁から正式に承認され、海図や灯台表にも登載される民営灯台となりました。その名も「大関酒造今津灯台」が公認名称です。また、1974年(昭和49年)3月、「木造袴腰付燈篭形行灯式灯台」の遺例として、西宮市指定重要有形文化財に指定されました。今津港の繁栄を今日に伝える貴重な文化遺産として、西宮観光30選にも選ばれています。1984年(昭和59年)には、創建当時の姿に再度復元され、1990年(平成2年)11月には樽廻船をモチーフにした記念碑も建立されました。時代が変わっても、その灯をたやすことなく、航路標識として立派に機能を果たし、大関のシンボル、西宮市のシンボルとして、今津港を静かに見守り続けています。

ページトップへ