• ENGLISH
  • CHINESE
  • お問い合わせ
menu
  • HOME
  • 大関とは
  • 商品情報
  • 知る・楽しむ
  • 食品・バイオ
  • 企業情報
  • オンラインショップ
タンパク質受託発現
HOME > 食品・バイオ > タンパク質受託発現
タンパク質受託発現

麹菌によるタンパク質受託発現サービス

麹菌(Aspergillus oryzae)は数百年にわたり日本酒、しょうゆ、みそなどの醗酵食品の製造に利用されてきたことから、その高い安全性が認められています。また、高いタンパク質生産能を持つことから、タンパク質生産の宿主として注目されています。大関㈱総合研究所では長年にわたる当社独自の技術開発の結果、麹菌によるタンパク質発現システムの構築に成功しタンパク質の受託発現サービスを提供しています。

発現システムの特徴

高発現プロモーター

アミラーゼ系遺伝子の発現制御に関与するシス・エレメント(Region III)を利用した改良プロモーターを用いることにより、高い転写効率が達成されています。

効果的ターミネーター

効果的なターミネーターとして独自に単離したDNA配列を用いています。

高い翻訳効率

私たちは麹菌において、翻訳効率が5' UTR依存的に大きく変化することを初めて確認し、効果的な5' UTR配列を用いることで高い翻訳効率を実現しました。

高純度分泌生産

本発現システムの特性により、宿主由来のアミラーゼ系酵素の発現を著しく低下させることが可能であるため、培地中の夾雑タンパク質量は極めて少なく、目的のタンパク質を高純度生産することが可能です。

糖鎖が付加されます。

麹菌に導入された発現カセットは染色体上に組み込まれるため、安定に保持されます。

導入発現カセット数については、1組のみ(1コピー)の場合と、
複数導入(多コピー)の場合があり、多コピーの場合にはより高い生産量が期待できます。

発現系

Aspergillus oryzae の栄養要求性株を宿主とし、1コピー導入株、多コピー導入株、さらに異なる遺伝子の2重導入株の育種等が可能です。

麹菌によるタンパク質受託発現【基本サービス】

発現ベクター構築
高発現ベクターに目的遺伝子を挿入し、形質転換用ベクターを構築後、シークエンスを確認します。

形質転換体の取得、純化
麹菌を形質転換し、1コピー株を取得します。

発現の確認
取得した形質転換体を用いて発現の確認を行います。

提供物の調製
形質転換体を培養し、集菌後、培養上清、又は菌体抽出液をご提供します。

納期
3ヶ月~

【オプション】

コドンの改変
麹菌のコドン使用頻度に合わせて遺伝子をデザインし全合成します。

分泌シグナル等の付加
麹菌由来の分泌シグナルやキャリアータンパク質を利用した設計も可能です。

スケールアップ培養
ジャーファーメンターを用いて形質転換体を培養し、培養上清を提供します。

他コピー株の取得
スクリーニング規模を拡大し、多コピー株の選抜を行います。

【ご注文】

ご注文内容に関する秘密は厳守いたします。
必要に応じ秘密保持契約を締結させて頂きます。
価格、納期はその都度、お見積りいたします。
詳細はお問合せください。

※すべてのサービスは発現・活性を保証するものではありません。

参考文献

  • 麹菌によるタンパク質大量生産システムの開発
    幸田明生,坪井宏和,峰時俊貴,坊垣隆之
    蛋白質科学会アーカイブ, 9, e084 (2016)
  • Aspergillus属の異種遺伝子発現系
    峰時俊貴,化学と生物,38,831-838 (2000).
  • 転写後過程の改良による異種タンパク質生産の効率化
    幸田明生,徳岡昌文,五味勝也,バイオサイエンスとインダストリー,
    63,543-546 (2005).
  • シス・エレメント導入によるAspergillus oryzaeエノラーゼプロモーターの改良
    Tsuboi, H. et al., Biosci. Biotechnol. Biochem.,
    69, 206-208 (2005)

遺伝子組換えカイコによるタンパク質受託発現サービス

繭に組換えタンパク質を生産する遺伝子組換えカイコ(TGカイコ)を作出するサービスです。
組換えタンパク質生産系として多くの利点を有します。

  • 抗体など複雑な構造のタンパク質を分泌発現させることが可能
  • 目的タンパク質は繭から高純度で回収可能
  • スケールアップが容易
  • 飼育過程で動物由来成分は一切使用しないため、
    ウイルス等の病原体が混入するリスクが低い

発現システムの特徴

目的タンパク質を繭に分泌生産

絹糸は、主にフィブロインとセリシンという2種類のタンパク質から構成されています。本サービスではセリシン層に大量の組換えタンパク質を生産するTGカイコを作出します。

本法はバキュロウイルスを使用しないため、納品タンパク質はカルタヘナ法の規制対象外です。

高純度分泌生産

組換えタンパク質は親水性のセリシン層に分泌されるため、容易に抽出することが可能です。夾雑タンパク質量は極めて少なく、目的のタンパク質を高純度で回収することができ、抽出後の精製操作が極めて容易となります。

糖鎖構造

TGカイコで生産したIgGの糖鎖構造解析を行った結果、GlcNAcが付加した複合型糖鎖修飾が見られ、コアフコースが無いことが分かりました。フコースが無い抗体は、がん細胞等に障害を与える活性(ADCC活性)が上昇します。

サービス内容

受託サービスの流れ

  • ご依頼
  • ご情報開示
  • 御見積り
  • サンプル遺伝子のご提供
  • 発現ベクターの構築
  • ベクターを卵に顕微注射
  • 次世代でTGカイコのスクリーニング
  • 繭の一部を用いて発現確認
  • アクチベーター発現系統と交配(高発現TGカイコの作出)
  • 繭の一部を用いて発現確認
  • 抽出条件の検討
  • 最適のバッファーで抽出した組換えタンパク質の納品(繭10~20個分)

※納品形態(抽出液等)はあらかじめご相談させていただきます。

納期

7ヶ月~

オプション

  • 繭の追加生産
  • 継代飼育 他

発現例

No タンパク質 由来 分子量 生産量
1 コラーゲン ヒト 120 kDa 5.0 mg/繭
2 フィブリノゲン ヒト 340 kDa 2.0 mg/繭
3 アルブミン ヒト 66 kDa 0.2 mg/繭
4 抗体 マウス 1.0 mg/繭
5 リゾチーム ブタ 15 kDa 0.5 mg/繭
6 EGFP 27 kDa 0.5 mg/繭
7 ヒト分泌タンパク質A ヒト 50 kDa 1.5 mg/繭
8 ウイルスエンベロープタンパク質B ウイルス 55 kDa 1.0 mg/繭

その他

ご注文内容に関する秘密は厳守いたします。
必要に応じ秘密保持契約を締結させて頂きます。
価格、納期はその都度、お見積りいたします。
詳細はお問合せください。

※本サービスは、(独)農業生物資源研究所及び(独)農業・食品産業技術総合研究機構ならびに(株)免疫生物研究所の特許技術を活用しています。

お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

受付時間:9:00~17:00(土、日、祝日を除く)
※お客様からいただきましたお電話は、内容を正確に承るため、録音させていただいております。